トップページ > 家づくりのこだわり > 施工管理について

施工管理について

住宅は完成したら小屋裏と床下は見ることができても構造のほとんどは
壁の中に隠れてしまいます。

また、何十年と使われるものだけに、その耐久性は施工の内容、精度によって
大きく左右されてしまいます。安心して長く住んでいただくためにも
デザインハウスでは施工精度を上げるためにいくつかの取り組みをしております。

製本図面


人の命を預かる車は、商品化されるまでに様々なテストと検証が
何度も繰り返されるようです。
そのように厳しい検査や試験を通過した車でさえ、
時としてリコールが発生し問題となります。

私たちが携わっている住宅も同じく人の命を預かるもの。
しかも、ご要望や生活スタイル、敷地条件によって建てる家はまちまち。
構造はもとより、間取りや、色使い、ドアの開き勝手、棚、スイッチ、
コンセントの位置、高さに至るまで、、、。
それらが毎日の暮らしの安心、安全、快適、便利を左右してしまいます。

建築の場合、車のように実際に試作品を建築することはできませんので、各図面をもとに
建築のシミュレーション(図面上で建築)をし、
安全性や使い勝手などを検証することがとても重要となります。

そのためにも図面の枚数、種類はもとより、どれだけの内容が盛り込めるのか、
各図面の整合性はどうか、など図面の精度を上げる努力が欠かせません。
100ページ以上にも及ぶ図面を検証し製本してから工事を始める理由もここにあります。

また、なあなあにせず、しっかりと決めて図面化することで工事もスムーズに進みます。
まだ決まっていない箇所があるので、工事が進められない。
未決事項になっているのに工事が進み、やり替えが必要になった。
など、やり替え、出戻り工事の発生は施工品質を下げる要因になります。

図面と現場の状況が必ずしも一致するとは限りらないのが建築の難しいところ。
だからこそ、図面の精度を上げ現場をスムーズに運営する取り組みが
重要であると思います。
そのためには
お客様にも未決事項を残さずしっかりと決めていただくよう
ご協力をお願いしております。

「図面の質を上げることなしに、家の質は上がらない。」

私たちデザインハウスが図面にこだわる理由の一つです。


「施工手引書」

1件の家を建てるには約30業者100人が携わり、
部品の数は3万点ともいわれております。

その多くは現場で人による作業でつくられていきます。
基礎、屋根、電気、水道などの業者さんや職人さんは
当然のことながら、色々な住宅会社で作業をしています。

何も特別な技術がいることでなくても、部材の長さや、つなぎ方、
止め方、釘やビスの間隔など、小さな項目であっても本来は
会社ごとに基準を決め、施工管理することが重要です。
残念ながら、木造建築業界はまだまだ大工さん任せ、職人さん任せ。
そして、管理は現場監督の経験や勘で左右される。
それでは、決していいものはできません。

どんなに腕のいい職人、経験のある監督であっても、
勝手に「この方がいいんだ。」「これが俺のやり方だ」
と自分の経験や判断で施工されては本来の
性能が発揮されなくなってしまいます。
今の家は昔のつくり方とは違い、一つ一つの部材を決められた通り、
きちんと施工することで品質や性能が左右されてきます。
その意味では、「腕」より「誠実さ」が求められています。
そして、施工を確かにしてもらうためにも、基準が必要です。
例えば、「充分な~」ではなく「3回行う」など
数値で落とせるものは数値で基準をしめします。
その指針となるのが「施工手引書」です。
物件ごとの「製本図面」とあわせ、
この「施工手引書」をもって施工を行います。



「監査項目表」

「施工手引書」を基にした「監査項目表」です。
規準が無ければ監査はできません。
そして、何を基準にどう監査するのか?
それはどのタイミングで、何回行うのか?
現場監督の経験ではなく決まった数値に基づき監査を行います。
デザインハウスでは、現場監督による日々の管理に加え、
第三者機関による
10回の外部監査を実施しております。
監査項目は300項目以上にも及び、すべての項目に
合格をしなければ次の工程には進みません。
単にチェックするだけでなく、是正し報告することを徹底。
自社+第三者のダブルチェックで、施工精度と品質の安定を目指します



現場監査記録書

第三者機関を交え行った10回の監査記録は
「現場監査報告書」としてお渡ししております。

コンクリートのなかの鉄筋の状況や壁の中の
断熱材やシート、防水の施工状況など
写真と共に監査項目、実施日を記載した100ページにも及ぶ報告書です。
住宅の高性能化に伴い、断熱、気密、通気の確かな施工は
結露を防ぎ建物の耐久性を大きく伸ばします。
時々外壁のメンテナンス性と耐久性を
混同される方がいらっしゃいます。
社寺仏閣や古民家などが長く存在できるのは
構造体が腐らずもっているため。
そのためには外壁などの一次防水も大切ですが、
耐久性を一番左右するのは
構造内部への雨水の浸入を防ぎ、水蒸気を逃がし結露を防ぐ
外壁の中の二次防水と呼ばれるシートやパッキン等の
施工と建物内部の防湿施工です。
構造体の健康を保ち、
建物が長持ちさせるためにデザインハウスは
外部機関の力も総動員し、施工にあたります。

資料をご覧になりたい方は

「建築実例集」や「コンセプトブック」など

私たちの手づくり資料、差し上げます。

家づくりについてご相談されたい方は

お金のこと、土地のこと、間取りのこと
なんでもお気軽にご相談ください。

施工事例をご覧になりたい方は