トップページ < 私たちのこと < 私たちの想い

私たちの想い

家づくりをもっと自由に楽しく

家づくりを楽しんでいただきたいと思っています。

せっかくの家づくり、何回も経験できることではありません。

間取りが決まっている規格型の商品は手っ取り早くいいかもしれませんが、そうなると家が主となり、
家に会わせて暮らすことに。

暮らし方は人それぞれ、自分たちの暮らしに合う家の方が暮らしやすいのは確か。

自分たちの暮らしを考えながら家をつくる。

誰もが味わえない貴重な経験も家づくりの醍醐味。

単に家を持つというだけでなく、家づくりという貴重な体験、経験こそがもたらす満足感は
何にも代えがたいものと私は思います。

家族がこれからの暮らしに思いを馳せ、時には悩み、ぶつかり、
でも最後にはお互いを認め合いひとつの家は出来上がってきます。

それぞれの家族にそれぞれのドラマがあり、それぞれのデザインがあります。
家づくりは、そんな素敵な時間をプレゼントしてくれます。

その時間があるからこそ、家族のつながりや自分たちの家に対する愛着が生まれます。

そんな人の「想い」というものも家づくりを通し感じていただきたい。

だから私たちデザインハウスは単なる買い物になってしまう建売住宅や、規格住宅は
しないと決めました。

私たち自身も、ものを売るのではなく、つくるという事にこだわりたいと思っています。


共に創る共創住宅

一般的に注文住宅と言うとお客様のご要望をお聞きし、つくるというイメージでしょうが、
新しい家についてイメージが出来上がっている方はそう多くはいらっしゃいません。

私たちとの打ち合わせを通して少しずつ創り上げていくことがほとんどです。

また、明確なご要望があったとしても、それをそのまま形にしたらいいかと言うと、
決してそんなことはありません。

ほとんどの方にとって家づくりは初めての経験。

モデルハウスやインスタグラムで見ていいなと思っても、よくよく考えると自分たちの暮らしには
向いていないな?なんてこともあったりします。

打合せを重ねていくと当初とは全く違う内容になることも。

したいことを実現するだけではなく、自分たちの暮らしを、価値観を見直し、
本当に必要なものとデザインに気付いてもらうことが大切なのではないでしょうか?

だから私たちはお客様の言われるまま作ってしまう注文住宅はつくりません。

間取りの打ち合わせはお客様にとって何が必要か?重要か?に気付いてもらうための大切な時間。

家づくりは特別なイベントでも、できあがた家で繰り返されるは普段の日常。

その日常が豊かになるかどうかは、自分たちの暮らしに合ったデザインかどうかにかかっています。

だからデザイナーズ住宅のようなデザインのお仕着せになるような住宅も建てません。

私たちが建てているのは規格住宅でもなく、注文住宅でもなく、デザイナーズ住宅でもありません。

しいて言うならお客様と共に創り上げる「共創住宅」。

共に笑い、共に悩み、共に喜び、

私たちデザインハウスはお客様と共に心豊かな暮らしと住まいを創り続けていきたいと願っています。


家族の命と健康そして財産を守る

そしてもう一つ大切なことは、どんな家をどう建てるかで、そこに住む家族の命と健康、財産が
左右されてしまうという事実。

耐震性、耐久性、断熱性、気密性

これら住宅の基本性能の低い住宅が沢山建っているのは残念なことです。

間違った情報とイメージにより多くのお客様が大切な家族を守る住宅の選び方を誤っています。

新しい家なら地震に強いという誤解。

メンテナンスと耐久性の混同。

あまりにも低い断熱性と気密性。

耐震等級2の住宅が地震で倒壊し、
築100年以上の住宅が残るかたわらで20年もたたない家が朽ちていき、
交通事故死の5倍近い数の人がヒートショックで亡くなる。
すべては家の性能の違いによって引き起こされています。

これはほんの一例に過ぎません。

私たち家づくりに携わる者はもっと真剣にこの事実に向き合いその責任の重さを受け止め
家づくりをする必要があると私は考えます。

家族を守る性能の家を建てる。

私たちデザインハウスの家づくりです。


            専務取締役 坂野 富一