こどもと育つ家


ぬりえ」「つみ木」「ねんど」
「メンコ」
「木のぼり」「缶蹴り」「鬼ごっこ」etc


一昔前なら当たり前のように幼少期に誰もが楽しんだ
「あそび」。 

みなさんも、時間を忘れて夢中になって遊んだ記憶があることでしょう。


実はこの「ぬりえ」や「つみ木」をはじめとした「あそび」は、こどもの脳力開発に大きく影響していることが「脳科学」の分野において明らかにされています。




例えば「つみ木」。

つみ木で遊ぶ事は、どんなものをつくろうかな?と「想像」し、それをどの積み木とどの積み木をどうやって積みあげようかな?と「計画」し、実際に積みあげてみて「実行」、あれ?もっとこうしたらいいかな??と「内省」するというサイクルで脳の中が活発に働きます。

この「立体空間」 のイメージを形にするという遊びは脳の成長にとても有効です。
「想像」「計画」「実行」「内省」の原体験ともなる「つみ木」は人生の大切な一歩を踏み出すための玩具と位置づけられてます。

立体空間のイメージを養う遊びのメリットは
そればかりではありません。


重要なキーワードは「メンタルローテーション」
(=頭の中で自由に物体を回転させて眺める脳力)

空間処理能力の基礎脳力でもあり、柔軟なものの見方、ひいては自在な視点の移動に基づく思考力となります。

第三者の視点に立って物事を考えることも
「メンタルローテーション」脳力であり、
「気遣い」や「共感」にも繋がります。
また「自制心」「自己修正」もメンタルローテーションによって可能になる脳力です。

まさに人間的成長の駆動力とも言える「メンタルローテーション」を養う遊びのひとつが「つみ木」なのです。


「脳科学」の進歩により、

産まれてからの脳の発育プロセスに最適な
「あそび」があること、
そしてその「あそび」を通じて
生涯にわたって「脳」に必要な機能が備わり
強化される事が周知されつつあります。

更に、「人は環境の子」と表現されるように
どのような「家」=「間取り」で成長するのかによって、
大きく「脳力」に影響することも
最新の脳科学の研究では明らかにされています。

では、 と連携し
子ども達の未来に「住まい」を通して貢献すべく
日々学びと共に、
多くのパパやママに子育てを楽しんで頂きたい!と
その根拠となる最新脳科学を
セミナーやニュースレターで発信しています。

子どもの「脳力開発」は
パパやママの知識が大きく影響します。

私たちと一緒に楽しく学ぶことから始めましょう!!


脳科学」においても非常に注目されている「ぬりえ」

先ずは親子で手軽に楽しめる「ぬりえ」をしてみませんか?

0歳から12歳位までのお子様のママにとても人気のある
「ぬりえ冊子」プレゼントいたします。


また、「あそび」だけでなく、同じくらい「どんな暮らしをするのか?」

「どんな間取りのお家で暮らすのか?」が

「脳」、ひいては「脳力」に影響を及ぼすのかも「脳科学」の分野では明らかになってきました。

この冊子を入り口に愛する我が子の未来を考え
「脳科学」をもっと学んでみませんか?
ご興味を持っていただいたパパやママ、
おじいちゃんやおばあちゃんには
定期的に開催するセミナーのご案内も差し上げます。

「子どもとの暮らし」資料プレゼント
STEP01
STEP02
STEP03

プレゼントのご応募はこちらから

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号任意
ご住所必須
お問い合わせ内容任意
ご希望の小冊子必須