トップページ > 想いを受け継ぐ二世帯住宅

想いを受け継ぐ二世帯住宅

祖父母が孫が家を建てる時のためにと裏山で育てた杉の木。

強度基準の関係から構造材には使うことができなかったので、
玄関正面の意匠材として玄関周りに使うことにした。

祖父母が残してくれた木と共に息子家族と暮らす家。


玄関ホールと家族用の玄関を間仕切る壁を列柱でつくってみた。

家族用玄関は引き戸で目隠しができる

親世帯のLDKは和室も設けた。

大きめの仏壇が入るいように仏間は大きくとった。
仏壇を入れるのはまだ先になりそうという事で壁には杉の羽目板を施工。

2階の子世帯のLDK.

ダイニングの脇にはピアノスペースを設けた。

浴室は1階に1つ。

2階にはシャワールーム。

1階のランドリールームは脱衣室のすぐ横に。
洗濯機スペースもあります。

2階の洗濯物干は主寝室の一角に。

趣味で釣った魚をさばくための外流し。

他の施工事例も見る

ナチュラルカラーの家

リビングの一角に勉強スペースのある家

シンプルモダンと古民家調の融合