2021.02.28
専務ブログ

SDGs(エスディージーズ)の取り組み

さかの

最近SDGsのマーク、ロゴをよく目にするようになりましたが
皆さんはSDGs(エスディージーズ)をご存じですか?

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。
2015年9月、ニューヨーク国連本部において、193の加盟国の前回一致で採択された
国際目標で、気候変動や格差などの幅広い課題の解決を目指し、先進国も途上国も
すべての国がかかわって解決していく目標です。

昨年10月に菅義偉首相が2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、
すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すと宣言
されたこともあり、それに伴い「SDGs」自体も取り組みが広がってきているのかもしれません。

SDGsは脱炭素だけにとどまらない大きな目標ですが、
今後私たちが次の世代にどんな世の中を残すのか?を考えた時、
意識し、取り組まなければいけない問題だと思います。

社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年を目指して
明るい未来を作るための
17のゴールと169のターゲットで構成されているSDGs。

私たちも一昨年から少しずつ取り組みを開始いたしました。


私たちがどんな家をどのようにして建てるのか?
そしてそこに住む家族に対し、どのような暮らしを可能にするのか?は
今、世界が取り組んでいる「持続可能な開発目標(SDGs)」が目指す
明るい未来に深く関係のあるものと思います。

微力ながら私たちデザインハウスも「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げた目標の
達成に向け、自社で取り組めるところから貢献していきたいと考えます。


デザインハウスのSDGsの取り組みについてはコチラから