2021.05.24
専務ブログ

泥棒から守る

さかの

突然ですが、防犯に関心はありますか?

実は以前、家づくりと防犯について2年間、東京へ通って学んだことがありました。
どんな犯罪があってそれらをどう未然に防ぐのか?
家づくりをする際に気を付けなければいけないポイント、犯罪に遭いにくい暮らし方などを座学の他に
実際に住宅街を歩くフィールドワークで学びました。

時には、建て替えで解体する建物をお借りし、犯罪者がどのようにガラスを破って浸入するかを
実体験したり、、、。

これってすごいですよね。

ところで、皆さんは防犯と聞いて何を思い浮かべますか?
警備会社のセキュリティシステム、防犯カメラに防犯ガラス、防犯砂利など、、、、
様々な防犯商材があります。

でも知っていますか?
住宅の侵入犯罪の半数は未施錠により侵入されているという事実。
鍵が開いているのにわざわざガラスを割ろうとはしませんよね。

せっかくのセキュリティーシステムも窓が開いていれば、
今はセットされていませんという合図にもなってしまいます。

ハード面に頼ってしまって鍵をかけるというソフト面の対策が
取られていなければどんなシステムも意味がありません。

住宅浸入の半数が未施錠によるものならば、鍵をかけるという簡単な対策で安全性は倍増すると言えます。

講義でも先生は施錠の重要性をよく話されていましたが、
受講生の一人がこんな質問をされた方がいました。

「都会なら施錠の重要性はわかるけど、私が住んでいる場所は田舎で防犯なんて誰も意識してないし、鍵かけている人少ないから意味があるんでしょうか?」と。

ここ、島根県でもその点は同じようなところありますよね。

先日この話をお客様にしたら、「鍵どころか、そもそも窓開けっ放しですよ。」といわれてました。

そう、まさに防犯って何のこと?っていう地域。

先ほどの質問に対し先生の答えは

「防犯意識がない地域、鍵をかける家が少ない地域なら
ちょっと対策しただけで、その地域で一番安全な家になるじゃないか。
都会では鍵をしただけでは
安全にはならないよ。」
でした。


確かに!!見方を変えれば全く違った評価になるんですね。

「防犯は意味がない」から「一番安全な家になる」

皆さんはどう思われましたか?